セノビックは何歳まで飲めばいいの?

お子様の成長期に!のセノビックは何歳まで飲めばいいものなんでしょうか。気になりますよね!

 

 

成長期に大切な栄養素を豊富に含んだセノビック。お子様の成長の手助けをしてくれるものだから、成長期にはしっかり取り入れていきたいものです。

 

でも、成長期って何歳まで??

 

高校生になったらセノビックは飲まなくていいの?
子どもだけが飲んでいればいいの?
いろんな疑問が浮かんできますよね!
そんな疑問、ここで一気に解決しちゃいましょう♪

 

 

 

 

★牛乳が飲める年齢なら全ての人が飲んでも良い!

 

実はセノビック、成長期のお子さんだけでなく、大人や年配の方まで全ての人に飲んでもらいたいものなんです♪

 

牛乳が飲める年齢なら…と書きましたが、これは一応セノビックを牛乳で溶かして飲むことを前提にした話であって、セノビックは必ずしも牛乳に溶かして飲まなければいけないものではありません。

 

 

野菜ジュースや果物のジュースに混ぜても美味しく飲める味もあります♪
牛乳と一緒に飲めるように作られた商品なので、牛乳で飲むのが一番いい、と言われているだけなので好みの飲み方を試してみてください♪

 

 

 

ということで、セノビックは何歳までなら飲んでいい、何歳が来たら飲まなくていい、という商品ではありません?!
健康維持を目的にしている人や、骨粗しょう症の予防をしたい方など、気になることがあれば是非飲んでもらいたいんです♪

 

>>> 500円モニターを募集!おいしい成長期応援飲料

 

 

★なぜ成長期に飲むの?

 

セノビックが一番効果的なのは5歳?10歳の、一番体がグングン成長する時期。この時期に飲んで欲しいのには理由があります。

 

 

この時期の体は骨をしっかり作り、体を丈夫なものにする基礎を作ります。
でもご自身のこの時期を思い浮かべてみてください。一番偏食が多かったのって、この時期ではありませんか?

 

普段から好き嫌いは全くない!と言われる方ならば問題はないのですが、なかなかそんな子はいません。好き嫌いがなくても、バランスのいい食事を毎日考えて作るのは大変!

 

 

 

この時期に栄養バランスが偏ることで、丈夫な体を作るどころか骨が伸びないので身長も伸びません。

 

セノビックには基本栄養素としてカルシウム、ビタミンD、鉄分が含まれています。
カルシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素ですが、実はなかなか体内に吸収されにくい栄養素でもあります。ビタミンDはそのカルシウムの吸収を促進する効果があります。

 

鉄分は言わずと知れた、赤血球をつくるのに必要な栄養素。セノビックなら1日あたりの栄養素等表示基準値の81%をコップ2杯で摂取することが出来ます♪

 

 

その他にも成長に大切な栄養素として、卵から生まれた卵黄ペプチドのボーンペップを配合。バナナ味やポタージュ味では筋肉などの身体を構成するのに必要な栄養素である乳清プロテインが摂取出来ます♪運動やスポーツをしている子どもにもってこいですね!

 

 

 

ミルクココア味には赤血球をつくるのに必要な別の栄養素としてオリゴミル(ミルクペプチド)まで配合!

 

カルシウムや鉄分は子どもだけでなく大人も必要な栄養素なので、何歳まで飲もう、という事にこだわらず是非ご家族みなさんで飲んで頂ければ♪と思います!

 

>>> セノビックの500円モニター特設ページはこちら!